雨続きのグアムは肌寒く上着とビーサンが必須!ときどき暖房も

8月も後半戦に突入していますが、8月のグアムはやはり雨が多い。7月後半からお天気の調子がよくなく、雨→曇り→雨→曇りを繰り返しているわよ。せっかくの夏休みシーズンなのにね。本日も雨。しかも土砂降り。川は氾濫し、道路の水たまりも本格的。明日の午後6時までは大雨洪水警報が出ているので、グアムに滞在されている方はお気をつけてね。

少し雨に濡れるとそこから体が冷えるので、車の中では暖房が欠かせなかったわ😅立ち寄ったガソリンスタンドでも暖房使用中。ぬくぬく気持ちよかった〜。ホテルに滞在中の方は、ホテルで傘を貸し出ししているので、お出かけの際は傘をお忘れなく。

タロフォフォの滝に至っては、滝がものすごい濁流になっていたようで、こんなに光景は初めて見た。映像は8月上旬に撮影されたもの。

Cocoの右手に見えたラムラム山からの景色は晴れ。

先日は、マウントラムラム(グアムで一番高い山)をハイキングしている途中で、愛犬と逸れてしまった男性と遭遇。天気は曇りだったのだけど、彼が20秒目を離した隙に、音も立てずに消えてしまったそう。

Cocoの左手に見えた景色は雨。前の写真と正反対。

いつも一緒にハイキングする頭の良い愛犬とはぐれてしまい、3時間以上捜索・そして家族も登山。Cocoたちは下山途中だったので、連絡先を聞いて犬の名前を呼びながら下山。Cocoたちは発見できず。飼い主の元に戻っていることを願いつつ、Cocoも愛犬を連れて出かけるのは、天気や状況をよく考えて決めなければいけないと強く感じた。

また、別の場所ではあるけれど、ハイキングしていた少年8人組のうちの1人が川に流されて亡くなってしまったニュースもあったりするので、こういう天気のすぐれない時は自然を相手にしたアクティビティは遠慮すべきね。海のアクティビティもね。ご自身で判断できない時には、ツアーデスクや現地の年配の方の声を参考にされるといいわ。若い方は意外にも無知だったりもするのでね。

タモンで過ごしていて、特に雨のあとに気をつけたいのが水たまり。

グアムのドライバーは歩行者のことをあまり気にせず水たまりにぶっこんでゆきます。つまり、その泥水が歩行者にスプラッシュマウンテンのように跳ね返ってくるのね。なので、歩道を歩く時は、内側(道路側でない)を歩くようにしてね。

あと、ビーチバー(The Beach/Taotaotasi)にお出かけの方、雨が降るとバーとショーへの入り口付近に大きな水たまりができます。ここを避けて通れないので、皮のサンダルなどは避けて、ラバーのビーサンなどで行かれることをオススメ。砂場と木造の床を歩くため、ピンヒールとか場違いなエリアなので、高級な靴はホテルにお留守番が良いと思うわ。

雨に濡れるととっても寒いです。特に雨で濡れた服で、エアコンがガンガンに効いたレストランに入ると凍りつきます。着替えや上着があると便利よ。

さ、皆様の夏の思い出が安全でハッピーなものになりますように!

Si Yu’us Ma’ase *Coco*

クリックお願いします。

グアムブログランキングに参加中↓ グアムに恋する情報満載♫

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
Google Adsenseレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
//Pintarest用