ホームデポで木材を切ってもらう

我が家のタンスの引き出しの底が抜けまして、処分して新しいものを購入したい気持ちは抑え、直すことにしました。なるべくゴミを減らし、物を長く大切に使いたいという気持ちが、ここ最近より高まってきました。

底が抜けるということは、単に衣服の詰め込みすぎが原因で、底の支えを増やして補強をしようと、サイズを測ってホームデポへ行ってきました。

木材コーナーでお目当ての木材を見つけたら、その後は店員さん探し。ホームデポは、店員さんの配置が少なく、探すのも一苦労。見つけても他のお客さんを対応していたりして、その後ろで待とうかと思うと、お客さん連れて別のコーナー行っちゃったり。(泣笑)でもこの日はスムーズに見つかりました。

カットしたいサイズを伝えると、付いておいで〜とカッティングマシーンのところに連れて行かれ、カット終了。木材のカットをしてもらうの初めてで、切ってもらえなかったらどうしよう〜とドキドキしながらの初挑戦はあっさり終了。

思い返してみると、何年か前に鉄パイプをカットしてもらったこともありました。いずれも、カットしてもらうのは無料です。

ちなみに、自分でメモしてた木材のサイズが怪しすぎて、結局長めに切ってもらい、自宅でノコギリと戦うことになったツメの甘さは今回の反省です(笑)

インスタやフェイスブックも良ければフォローをお願いします。

Instagram : @gucoconuts 

Facebook : @guakoi 

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
Google Adsenseレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
//Pintarest用