四季のある日本から常夏グアムへの移住

ハッファデイ!

グアムに恋して移住しましたCoco(ココ)がグアムよりお届けしています。正確なところを言えば、移住してきてから恋したというのが正直なところなのですが、とにかく、今わたくしはグアムに絶賛恋をしています。

私のブログへアクセスしてくれる人の中には、「グアムに住みたい」と思っていらっしゃる方も多いので、私がグアムへ移住してきた頃を振り返って、今回は季節をテーマに、「四季のある日本から常夏グアムへの移住」で気づいたことをシェアしたいと思います。

四季に慣れたカラダが適応しない?(女性)

グアムへ越してくる前に、会社の同僚から聞いた情報があります。それは、四季のある日本から四季のない国へ引っ越した女性が「生理不順」に陥ってしまったという話。身体が当たり前のように四季に順応していたのに、突然夏が続くのだから無理もない話かも。ということで、私は低用量ピルを日本で処方してもらってから渡グしました。ちなみに、グアムでは現地の保険適用でピルは無料で処方してもらえます。保険会社や薬局でご確認ください。

日本の夏に多い「変質者」はいるのか?

身だしなみを意識的に気を付けるようになった位、日本ではよく変質者に遭っていました。露出狂は日常茶飯事、駅から自宅まで付けられることも度々あり、それが怖いのなんの。でも、ありがたいことに、グアムでは未だ変質者には遭ったことがありません。基本的にぶっきらぼうな顔をして外を歩くようにしていますが、これは自分なりの自己防衛です。

しかしながら、ドラッグ中毒(薬中)が日本より多いです。つまり、奇妙な行動を取ってしまい、さらには急に襲う、なんていうこともあります。私のローカルの友人(身体が大きいふくよかな女性)は、窓を開けて寝ていたら、知らない男が窓から入ってきそうになったところを助けられた、という体験談も。怖い怖い。

引っ越し荷物は少なくて済む

グアムは年中常夏なので、夏服と羽織るような上着(エアコン対策)があれば十分。冬の衣類は不要です。引っ越し荷物はスーツケース2個という身軽なものでした。冬に関連する衣服は一着も持ってきませんでしたが、帰国用・旅行用に持ってきたという友人もいます。私が帰国する時は実家に行くため、冬の上着は空港で受け取って着用するようにしています。また冬服はグアムでもいつでも購入できるので、不便ありません。

のんびりとした南国気質に嫌気?

日本の人がきびきびと動き回るのは、四季があるからなのかも?と思うことが多々あります。南国は、役所仕事、スーパーのレジ、仕事やりとりなどなど、全体的にのんびりしていて、日本から来たばかりの人は小さなイライラが募るかもしれません。これがグアムのいいところでもあるのだけど、これに嫌気がさしてしまい、ストレスを抱えてしまう人も多いのが事実です。自分で選んで移り住むのだから、覚悟の上で住む必要があります。

脱毛は日本で済ませてきた方が良い

グアムに来たばかりの頃に、脱毛サロンはどこに行けば良いのだろう?と聞いたことがあります。グアムで脱毛もできるようですが、レーザー脱毛って、施術後の日焼け禁物なのです。日本にいた頃に、素足を見せられないほど、赤斑ができてしまったことがあります。色んな皮膚科に行ったけど原因は分からず、おそらくクラゲに刺されたのでは?と言われ、3〜4ヶ月後にやっと消えて行きました。

後で気づいたのは、レーザー脱毛の直後に日焼けしたこと!斑点はレーザーを当てた箇所に出ていたことから、皮膚科医でも原因不明だった赤斑は、確実に「脱毛×日焼け」の火傷だったと結論に至りました。日差しの強いグアムでの脱毛は、注意が必要かもしれません。

ざざっと思い出しながら、季節をテーマに書いてみました。質問あればコメント欄からお願いします。

それではグアムからCocoでした!アディオス!

グアム情報ブログランキングに参加しています。

下の画像クリックで応援できますので、

ぜひぜひ一票をお願いいたします!

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
Google Adsenseレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
//Pintarest用