グアムから約15分で行ける島・ロタってどんなところ?

グアムのおとなりの島・ロタ。
グアムからは飛行時間約15分(*)という近距離で、グアムとサイパンの間に位置する常夏のアイランド。*搭乗時間や滑走時間を加えると30〜40分くらい。
以前紹介した「グアムに伝わる昔ばなし”離島へ飛んだタガ少年”の物語」がグアムから飛んだ先はロタ島でした。その「ロタ」という島がどんなところなのか、紹介します。

ロタ島はアメリカ自治領で、島の面積は85㎢(関東なら千葉県船橋市、関西なら大阪府和泉市と同じくらいの面積)という小さな島。タレントの野口五郎さんと三井ゆりさんが挙式を挙げたことでも知られるロタ島は、バブル時代には観光客で溢れていたというが、そんな忙しさは今はなく、すっかり穏やかでのんびりした本来の姿の島です。

グアムからは1日1便・7人だけ飛べる

2020年4月現在、グアムからは1日に1便のフライトで、たった7人だけが島へ飛ぶことができる、とってもレアなトロピカルアイランド。スターマリアナ航空だけがグアムからロタへ運行している唯一の航空会社で、小型機に搭乗できるのがたった7人なんです。こんな小型機に乗る経験はなかなかない!冒険の始まりはここから〜。

世界一のビーチがある

View this post on Instagram

A post shared by Instructor Charlie S. Hwang (@joyscuba) on

ダイブ&トラベル大賞のビーチ部門で、2018年・2019年・2020年と3年連続で1位を獲得しているテテトビーチはビーチ好きなら必ず訪れたい場所。パウダーサンドに透き通る海の水。この透明度には息を飲むはず。曇っていても濁ることはなく、透明度に一切変化はなし!

秒で魚が釣れるスポットがある

針をつけた釣り糸を落として数秒で魚が食いついてくるらしい。2015年7月28日放送の「世界行ってみたらホントはこんなところだった」で調査員の岡崎広大さんが挑戦し、魚はたったの数秒で食いついていました!残念ながらその画像も動画も見つからない。。

世界一透明度の高い海がある

View this post on Instagram

A post shared by Blue Palms Dive Service ROTA (@bluepalms_diveservice.rota) on

ロタは何と言ってもダイビングの聖地!ダイバーの間で、世界一の透明度と呼ばれるロタ。実際にロタで検証した!という方のブログはコチラから。

ロタホールは4月~9月頃がホールの真ん中に光が差し込むベストシーズン。 それ以外の時期、光のショーが見られないのはちょっと残念ですが、 10月~3月は乾季にあたり、透明度がさらにアップする時期。出典:DIVENAVI.COM

真水が湧き出る天然プールがある

View this post on Instagram

A post shared by マリアナ政府観光局 (@mymarianas_mva) on

スイミングホールと呼ばれる天然プールには、真水が湧き出る小さな洞窟が陸側にあり、屈みながら中へ入り込むと、ヒヤッと冷たい真水が湧き出ている。100%ナチュラルな薬として体にご利益があると住民は言う。波が荒い日にここで泳ぐことは危険ですが、天気が良く、波のない日には地元民の天然プールとして休日を楽しませてくれる場所。

おいしいお水がある

わたくしCocoはグアム在住だが、グアム・サイパンは、水道水に石灰が多く含まれていて飲むことができないばかりか、料理にも向いていない。(掃除にも向いていない。石灰がすごい。)しかし、両島の間に位置するロタは例外。ロタの水道水は飲むこともできる

そればかりではなく、島のあちこちに湧き水があり、「神の水」と呼ばれるほどの良質な水に恵まれた島。これは石灰岩による水のろ過が理由と言われていて、地形が作り上げたおいしい水なのだ。

釣った魚を食べられる

出典:マリアナ政府観光局

ロタはダイバーだけでなく、フィッシャーマンにも人気の島。グアムの地元フィッシャーマン(特にハワイアンスペアフィッシング・素潜り)は、人生で一度は訪れたいフィッシングの宝庫であるという。日本人の経営するダイブショッップ「RUBIN 」では、トローリングフィッシングのプランも用意されていて、釣った魚はグアムの定食居酒屋「東京苑」で調理してもらえるのだとか!常夏の島ロタで、自分で釣った魚を新鮮なうちに食べられるなんて・・・しかもロタで。最高かっ!!

グアムからのファンも多いパン屋さんがある

USO Cafe(ユーエフオーカフェ)でフィリピン人女性が焼くパンがグアムの人にも人気!ブルーベリーブレッドやシナモンロールなどのデザートブレッドは、ロタからグアムへ持ち帰る1番人気のお土産!

世界一フレンドリーな島の人々

親日的で人懐っこい性格の島の人々が、ロタの一番の魅力かもしれない。見て見ぬ振りをしない島の人々の性質は、車同士ですれ違うと必ず手を挙げる「ロタウェーブ」と呼ばれる挨拶に繋がる。住人同士だけでなく、観光客の人にも必ず手を挙げ挨拶してくれる

日本だった時代背景のあるロタだが、日本人に対してとても暖かい。島の人と触れ合えば触れ合うほど、本当のロタの良さが分かる。私の体験談から言えば、微笑みの国・タイよりもずっと笑みの絶えない「世界一フレンドリーな島」と言っても過言ではない。

Si Yu’us Ma’ase ♡ Coco(ココ)

ロタに行ってみたくなった!もっとロタ情報欲しい!

と思ってくれたらポチッとお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
Google Adsenseレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
//Pintarest用