ラップ要らず!サンドイッチバッグが大活躍

日本では必ず持ち合わせていたラップだけど、グアムにはサランラップやクレラップみたいに手頃で密着力の高いラップに巡り会うのは希少Cocoが今までにグアムで出会ってきたラップは、日本製品みたいにしっとりしていてもまとまりがなく(切り口でモタモタしてしまう)密着力が低かったり、ちょっとパリッとした素材で密着とはほど遠かったり。日本のラップクオリティとコスパは最強だな、とストレスなく使えていたことに感謝しているわ。
ところで、みなさんラップは何に使っているのかしら?
Cocoのラップの使用用途は3つ。
1.冷凍したい食材を小分け
2.おにぎりやサンドイッチを包む
3.おかずを盛った皿などにかぶせる
2人暮らしなので、買ってきてすぐに使わないお肉は直様(すぐさま)小分けして冷凍!多めに炊いたご飯も炊きたてを小分けして冷凍!主要用途はこの程度なので、ラップが切れてもCoco宅にそんなに問題は生じない。何故なら”やっぱりサンドイッチバッグが使える”から。

サンドイッチバッグってなに??

サンドイッチバッグとは、その名の通り”調理したサンドイッチを入れるバッグ”のこと。

種類は大きく分けて3つ。
1.Paper Bag(ワックスペーパーなどの紙製)
2.Zipper Bag(ジッパー式)
3.Fold-Top Bag(折りたたみ式)
日本では1の紙製が主流だと思うけれど、こちらでは3が主流かな。

ワックステックス マイクロウェーブ バック(ワックスペーパーバック) 60P WX1B

新品価格
¥475から
(2018/2/21 20:02時点)

Cocoが大活躍しているサンドイッチバッグも3のFold-Topタイプのもの。

サンドイッチバッグの使い方と便利ポイント

サンドイッチバッグは箱から袋を取り出すとこんな感じ。↑

袋型になっているけれどマチはなし。折りたたみに便利なベロ(フラップ)がついている点が特徴で、お肉とか入れる時に入口に接触しやすくて、拭いたりするのが面倒だけどベロが付いているから気にならない。

今回は頂いたトウモロコシを茹でて冷凍保存。

サンドイッチバッグに入れてくるくるっ。

これをさらにジップロックに入れて冷凍保存しましたよ。

お肉はこんな感じに冷凍。

3つに小分けしたお肉を1つのジップバッグへ。

そして、サンドイッチバッグのまま解凍作業ができて、袋に入ったままお肉に下味がつけれる点も無駄なく便利。ラップ利用だとボウルに移したり別のバッグを使ったりしなくてはいけないのでやっぱり便利。※写真は唐揚げを作ろうとしているところ。

まとめ

サンドイッチバッグはとにかくコスパが最高!

180枚も入っているのに$2.99とか、125枚で$2.00くらいで買える。かなり重宝しているよ。そして、普通にスーパーやKマートなどでも購入できるので、お土産にもとっても良いと思うわ。

いかがだったかしら。

この記事が面白い!役に立った!と思ってくださったら、是非下の画像をクリックしてね。グアムブログに飛びますわよ。では常夏グアムからCocoでした。またね。

Si Yu’us Ma’ase *Coco*

全然更新できていないのに毎度クリックありがとうございます!

グアムブログランキングに参加中。↓ グアムに恋する情報満載♫

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
Google Adsenseレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
//Pintarest用