10年に一度の国勢調査 【グアム在住者の方必読】

今年はアメリカ合衆国で10年に一度行われる国勢調査の年だということをご存知ですか?

友人から現在グアムでも実施されている国勢調査に関する情報を頂いたので、みなさんとシェアいたします。

これはアメリカの憲法で決められており、対象は「アメリカ市民権保持者(国籍)だけとは限らず、就労ビザでグアムに住んでいる人も含める、全ての島民がその調査を受ける」ことが義務付けられています。極端に言うと、たとえ不法滞在の人であってもその対象となるということです。

実際に戸別訪問して直接インタヴューで行われる調査は、3月2日から開始されています。

正式な調査員であることを確認する

皆さんは、他人が家に入ってくることに不安があったり、英語での質問になるため受け入れを敬遠することがあると思います。それを払拭するためには、まず以下のことを確認してください。
  • (もし国勢調査員が車で来ている場合、)その車にUnited States 2020 Census Guam Official Businessとかかれたステッカーが貼ってあること。
  • 黄色のベストを着ていること
  • United States Census Bureauと書いた大きなショルダーバッグを持っていること。
  • それに2種類の身分証明書を持っていること。

質問時間は30〜40分

訪問された際は、通常、そこに住んでいる家族構成人数分のを代表して回答することになります。質問項目は70近くあり、回答に要する時間は30分〜40分の予定です。もし、奥様が家にいて回答ができないような場合、ご主人がいる時間帯に戻ってきてもらうよう依頼してみてください。

調査員は、家族構成員全員の質問が完了するまで何回でも来訪することになります。また、基本的には同じ調査員が再訪することになります。

質問の中には、学歴、職歴、勤務時間数、2019年の収入など個人的な情報を質問されます。こちらは事前に調べておくと質問の時間短縮に役立つと思います。

まとめ

すべての人が調査の対象となり、回答の義務があること、そのため、全ての質問の回答が終了しない限り調査員が何度も聞きに来る可能性があることを記憶しておいてください。
できたらご友人や同僚の方にもこの国勢調査の事を知ってもらうよう、情報をシェアしてください。またお勤めの方は、会社の中に記事を貼ってもらうなどして、周知徹底のご協力をお願いします。
以上は、2020年アメリカ国勢調査グアム事務所の依頼で協力しています。

Si Yu’us Ma’ase ♡ Coco(ココ)

国勢調査でグアムの人種人口割合も分かるので、

調査結果も待ち遠しい!そう思ってくれたら

是非ともポチッとお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ グアム情報へ

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
Google Adsenseレクタングル(大)

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google Adsenseレクタングル(大)
//Pintarest用